entry_header

恋愛体験団

恋愛を元にいろいろなお話をしましょう! 失恋や一目ぼれや現在交際中の彼氏や彼女 愛人などなど いろいろな恋愛のことを語りましょう! そしていろんなところから恋愛ネタを貼っていきます。
entry_header

Powered by Ayapon RSS! オススメ アクセスアップ ライブチャット

entry_header
--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header
2009/04/29 (Wed) 22:40

熱帯夜。

 あの熱帯夜を忘れない。
 眠れなかったのは、熱さのせいだったのか、それとも別の理由からだったのか。
 兵隊が行進しているかのように脈打つ鼓動。無意識に強く噛む、唇。口の中に広がる、血の味。収めることができない、呼吸の乱れ。頭の中が真っ白、目の前は真っ暗。身体の内側から圧力をかけられているような苦しさに、僕は取り乱した。
 株を何年もやっていて、為替市場でもそれなりに経験を積んできたつもりだったけど、あんなのは初めてだった。
 夜中のニューヨーク市場が気になって眠れない。早朝のオセアニア時間の動きが、混乱した精神に追い討ちをかける。
 欲を出した人間の末路は、あっけない。桁違いの損失に茫然自失。
 どうしてこうなってしまったのだろう。
 始めは、年初から続く円安に便乗して小遣いを稼ぐ程度だった。日本の脆弱な財務性を追い風に、僕は円を売った。儲かれば儲かるほどに、欲深くなっていく。自己資金の範囲を超えない程度の取引だったのがいつの間にか、身の丈の数十倍、数百倍に膨らむ。僕は調子に乗りすぎていた。思い上がっていた。
 そんな時だった。
 年老いた母親が年金の少なさに嘆いているのを見て、声をかけたのは。
「元本保証で運用してあげるよ、絶対に儲かるよ」なんて、詐欺師みたいな言葉。
 口座、開かなきゃね。パスワード、どうする?
 母は、声のトーンを下げて「48968」の数字を入れて、と言った。
 何の数字だ?
 聞いてみると、照れくさそうにクスクス笑って「四つ葉のクローバー、語呂合わせがいいでしょ?」誰にも言っちゃダメだよ、と唇の前で人差し指を立てた母。別に言う相手なんていないのに。お金が増えることを楽しみにして、ワクワクしていた母。
 口座を開くと、長年続けてきた郵便貯金を外国為替証拠金取引の口座へ移して、一気に運用を始めた。最初しばらくは調子がよくて、一日で数十万とか数百万とか数字が増えた。自分の知らない世界に足を踏み入れた母の驚きようは、可笑しかった。本当に目を丸くさせて、口をぽかんと開けていた。
 電源の入れ方さえも分からなかった母に、パソコンとインターネットを毎日少しずつ教えたのは、彼女が自分で残高を確認できるように、だ。僕に教えてもらえる時間は、特に楽しかったみたい。僕の事を「先生」なんて呼んで、はしゃいで。幸せそうだった。
 今、はっきりと分かることがある。
 理由のある幸せは、形を変えた不幸のことだ。
 東京市場の下落に拍車をかけて、夜中に、文字通りナイアガラの滝のような暴落がやってきた。この世の春を謳歌していた欧州通貨は、呪いの殺人通貨に成り下がる。オセアニアの高金利通貨も、かつてない最高速度で下って行く。秒速数千とか数万円の速さで資産は目減りする。「有事のドル買い」とまで言われた世界の基軸通貨、米ドルでさえ見る影もない。
 怖い。凍り付くような恐怖感。
 それなのに、なぜ汗が出てくる?
 本当に熱い夜だった、と思う。だけど、それは僕の精神状態が、そう感じさせていただけなのかもしれない。耐えられる極限まで耐えたら、自分の中で何かが切れた。それまでに買い建てていた分の損失のすべてを確定させると、わずかに残った余力で売りに回った。売った瞬間、「レ」の字を描いてグングン上昇していく。すぐに損切ろう。やはり買いでよかったのだ! 買いだ! 注文を入れてクリックすれば、買った値段、そこが頂点。そして、再び、ナイアガラ。今度は、すぐに損切れない。さっき「レ」の字に上昇し出した記憶が邪魔をするからだ。そして損失は再び、秒速で膨らんでいく。時々、出たように見えた利益も、蜃気楼のように揺れて浮いて遠のいていく。
 なんでこうなるんだよ! なんっで、こうなるんだよ! 何なんだよ! 何だよ、この動き! いつまで続くんだよ! どこまで下がるんだよ! 時間を戻してくれよ! 時間、戻してよ! お金、返して! 返してよ! オレの金! オレの金を返してくれよ!
 心が叫びを上げるけど、市場には届かない。
 上がってくれ! さあ! 反転しろ! 上がってちょうだい!
 願いは、聞き入れてもらえない。
 口座の残高がゼロに近づいた時、四つ葉のクローバーのパスワードを僕は勝手に変えた。お母さん、ごめん。必ず、返すから。必ず、埋め合わせるから。
 昔、会社で大規模なリストラが実施されて、多くの社員が退職に追い込まれた事があった。その時、同僚とこんな会話をした。
「自殺者、出るかもしれないね」と同僚。
 僕が「みんな家庭のある人たちだから、そう簡単に人生を諦めたりはできないよ」と言うと、その後に、こんな言葉が返ってきた。
「違う。守るべきものがあるからこそ、死を選んでしまうんだ」
 空っぽに近くなった口座をぼんやり眺めながら、ふと思い出して考える。
 ああ、確かに、背負っているのが自分だけの人生なら、大して重くないかもしれない。少し分かる気がする。重すぎる何かに押し潰されそうで、どうしていいか分からない。パニック状態なら、自殺願望はなくても、待っている時にホームの先頭に立っていれば、入ってくる電車の前に身をフラリと投げてしまうかもしれない。
 数千の思考が頭の中を巡って、ほとんどすべてを失って、明るくなった空を朦朧としながら見上げた。悲しい気持ちの反面、やけにすっきりとしている自分がいた。
 夜が明けて、誓った。
 生きている限り、必ず返り咲こう、と。負けたことがある、という経験は、きっとこれからの人生の糧になってくれるだろう。
 翌日の日経は荒れた。紙面に踊る記事はこんなのだ。
・東証大引け・大幅に続落――ITバブル崩壊時以来の下げ幅
 日経平均株価は、昨日に続き、朝方から大幅に下落した。下げ幅は昨日よりも拡大した。市場では海外のヘッジファンドが解約の申し込みを受けて換金売りを進めた、との見方が出ていたほか、株式相場が大きく急落したことにより信用取引の追加証拠金が必要になった個人投資家の売りも誘った。また商品市況の下落を嫌気し、これまで相場をけん引した商社株や海運株も大きく下げた。
 その夜、米国の公定歩合が下げられた。
・米FRB、公定歩合を緊急引き下げ・0.5%下げ5. 75%に
 米連邦準備理事会(FRB)は昨夜、臨時の米連邦公開市場委員会を開き、FRBが民間金融機関に資金を貸し出す際の金利である公定歩合を緊急に0.5%引き下げ、年5. 75%とすることを全会一致で決定した。来月に予定されている次回の委員会を待たずに公定歩合を引き下げることで、金融・株式市場の動揺や信用収縮に歯止めをかける強い意志を示した。

 週明け、僕はすべてを打ち明けた。母は、話を全部聞き終わると「桃、むいてあげよっか?」と尋ねてくれて、僕が「うん」と答えると、キッチンへと姿を消した。
 猛暑、灼熱、熱帯夜。暑かったあの夏は、桃の味を再確認した夏。
 ああ、桃って、こんなに甘かったんだね。
entry_header

恋愛COMMENT

恋愛Please write a comment!


管理者にだけ表示を許可する

entry_header

恋愛TRACKBACK URL

http://rennaitaikenn.blog38.fc2.com/tb.php/167-e9ec17f4

side_header

恋愛side menu

恋愛カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

恋愛プロフィール

愛

Author:愛
恋愛体験団!
リンクフリー&相互リンク大募集!!
top絵書いてくれる方いませんか?
募集してます。
~ コチラ ~よりご連絡下さい。

恋愛検索フォーム

恋愛カテゴリ

恋愛リンク

恋愛最新記事

恋愛お気に入りの写真    


恋愛ブロとも申請フォーム

恋愛QRコード

QRコード

恋愛恋の花言葉

花言葉
恋のメッセージ、雄弁、変わりやすい、吉報、消息、あなたを大切にします
花言葉のいわれ
アイリスはギリシャ語で「虹」のことを言います。美しい侍女イリスは全知全能の神ゼウスの求愛を受けて困っていました。そこでイリスはゼウスの妻ヘラに「遠くに行かせてほしい」と頼み、七色に輝く首飾りをかけてもらい、神の酒を3滴頭上に振り掛けられ、虹の女神に変えてもらいました。その酒の滴が地上に落ちたときに生まれたのがアイリスの花です。 イリスは愛の神エロスの母でもあります。花言葉「恋のメッセージ」は虹の女神イリスが天上と地上を結ぶ役割を担ったことから生まれました。
古代エジプトでは、アイリスの花弁は信仰・知恵・勇気の象徴とされ、あがめられていました。

花言葉
プラトニックな愛
黄…秘密の恋 オレンジ…エレガンス
花言葉のいわれ
アメリカのインディアンは、恋の告白をするときにアカシアの花を愛する女性に捧げます。花を贈られた女性は黙って受け取り、それが互いの愛の告白になります。このことから、フランスではアカシアは「プラトニックな愛」を示す花になりました。

恋愛~☆応援お願いします☆~

MATERIAL

【背景素材、他】
FC2blogの着せ替えブログ
side_footer

2017-06

« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»

恋愛体験団

 掲示板 人気出会いBLOG

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。